犬の病気 > 偽妊娠

偽妊娠について

偽妊娠は発情交尾していなくてもおこることがあります。
運動を嫌がったりおなかが膨れてきたりします。
超音波検査やX線検査で子宮がからっぽであることを確認します。
偽妊娠であっても子宮蓄膿症の場合もあります。
我が家の愛犬ミルク♀は2度ほど偽妊娠がありました。
我が家はマロン♂もいるので妊娠したのか?という疑いが常にありました。
初めての偽妊娠のときは乳房がすごく張っていて妊娠した!と思いました。母乳も普通に出ていました。でも、よく主人の足に盛っていました。
そのときは、だいたい偽妊娠のようでした。
病院にいくと妊娠?と疑われ、超音波検査すると何もありません。それが2回連続でありました。
3回目も同じように乳房が張ってきたのでまた偽妊娠だろうと思ったら妊娠していました。一度妊娠するとそこからは妊娠しやすくなります。私のところもそれから3回妊娠しました。
偽妊娠するとよくぬいぐるみを抱えるようになると聞きます。我が家はぬいぐるみ等はボロボロにするので与えていませんでした。
偽妊娠が続くようであれば避妊手術をしたほうがいいようです。
我が家はどうしても子供が欲しくて2回続きました。
子宮の病気なども防げるので、妊娠させたくないなら避妊手術をお勧めします。愛犬の体のためです。偽妊娠でも本人はたぶん辛いはずだと思うのです。
それだけ体が変化しているし、ホルモンのバランスも崩れていると思うのです。