犬の病気 > 膀胱炎

膀胱炎について

細菌感染によって起こる膀胱の炎症のことを膀胱炎といいます。
雌犬に多く見られる病気です。
濁った血の混じった尿を排泄し、膀胱を押すと痛がります。
抗生物質で治療します。
人間でも同じ病気があります。
尿をしようとすれば痛く、頻繁にトイレに行きたくなるが、あまり尿がでない。
血尿が出たり、トイレに頻繁にいく、陰部をしきりに舐めるなどの症状がでます。1回の尿の量が少なく、排泄の姿勢を何度もみせる。お水をよく飲む。
膀胱炎がひどくなると腹部が痛くなり、膀胱も排泄すると痛くなります。
腎臓の感染や、血液の感染、前立腺の感染が原因となる場合が稀にあります。
最低2週間は抗生物質を飲むことになります。
尿検査で正常値がでれば抗生物質は飲まなくてよいです。
膀胱炎が再発する犬は膀胱に結石か結晶がある可能性があります。再発すれば再度動物病院でみてもらってください。
雌犬は尿道が太く短いのでなりやすいのです。ちなみに、雄は尿道が細いです。
尿路では薬が効きにくいため、再発する可能性が高く根気よく治療を続けることが大切です。
予防が難しい病気で病院に行くときにはすでに慢性化しているケースが多いです。
早期発見と早期治療が必要です。
下痢など他の病気が原因で引き起こす場合もあります。
結石が原因の膀胱炎もあります。この場合、尿路が石で詰まってしまう危険性があるのでおしっこがちゃんと出ているか確認すること。
尿検査でわかります。検査の際、結石が原因かどうかが重要です。結石が原因の場合は食事療法で治療します。