犬の病気 > 血友病

血友病について

血液がたまらないため、出血がとまらなくなる遺伝病のことを血友病といいます。
皮膚、粘膜、関節腔、筋肉内などに出血します。
治療の効果は期待できません。
少し激しい運動をしただけで血管の出血がとまらないので散歩ができなくなります。
怪我をした場合出血多量で死亡します。
まれな遺伝性疾患で雄だけ発症します。
色々な種類がある中でもっとも多いのは血友病Aでジャーマンシェパードなどがよく発症し、関節内や体腔内で出血が起こります。あとは血友病Bがあります。
犬の血液中の凝固因子を検査し、欠如している凝固因子を補充する方法で治療します。
出血した場合は輸血処置をする。危険性が低い場合は代用血液を使用します。
ミニチュアプードルは血液を凝固させる因子が先天的に不足しやすく血友病になりやすいです。
交配させるときは遺伝子キャリアがないか十分に気をつけましょう。
症状がほとんどみられないタイプもあり、日常生活で気づかず、手術や怪我をしたときに止血が遅くなり危険です。
血友病Aは雑種を含めほとんどの犬で発症報告があります。
人間にも同じ病気があり、症状などもまったく同じです。
犬にも9種類の血液型があります。怪我をして初めて気づくことも多いのではないでしょうか?
血が出て初めて止まらないことに気づいてこの病気だったなんて事がありませんか?
小さい頃は、散歩も予防接種が終わるまでは控えるので怪我をする事も少ないし、怪我をしてから血が止まらなくて出血多量で死ぬなんて。
予防方法がないため、気になる方は血液検査をお勧めします。