犬の病気 > 股間節脱臼

股間節脱臼について

股間節脱臼とは足の付け根にある股間節が生まれたときから外れていたり、はずれかかっている状態のこと。
症状としては歩き方がおかしい、足を引きずって痛がる。
多くは遺伝によるもので後天的に肥満や筋力不足で股間節に負担がかかって発症する場合もあります。あとは交通事故や高所からの落下、滑りやすい床、犬同士のじゃれあいや喧嘩でなることも。
左右の足の長さが違うこともあります。病院にいくとレントゲンをとり脱臼を確認すれば全身麻酔して足をまず引っ張る。その後大腿骨骨頭を寛骨臼にはめます。これで完治しない場合は手術になります。
高齢などで手術を万が一できない場合は疼痛や炎症の緩和、テーピング固定をします。その後しっかりリハビリをすることで脱臼した状態でも無症状で歩行できるようになることもあります。
足を引きずって痛がる場合は早急に病院へいくこと。
フリスビーやボール広いも適度にすること。それが引き金で発症することもあります。
フローリングの部屋で飼うときは必ずじゅうたんをひくこと。
足や腰になるべく負担をかけさせないことです。滑らせてはだめです。手術をしてもまた再発する恐れもあります。
我が家の愛犬のミルクは元々生まれつき足が悪いのですが、たぶんこの病気かと・・・
手術はしていませんが、がにまたです。今後が心配ですが今のところは大丈夫だと言われています。ミルクは足をひきずったりはしていませんが、散歩中はふつうに歩きません。どちらかというといつも走っています。
これは、遺伝すると言われました。