犬の病気 > 子宮の病気

子宮の病気について

雌を飼っていると子宮の病気があります。子宮蓄膿症という病気があります。
ミニチュアダックスに限らず中高齢の犬に多くみられます。
ホルモンのバランスが崩れて卵巣機能が衰え、そこへ発情期がきて子宮内に細菌が入り子宮内膜炎を起こし、子宮の中に膿がたまる病気です。
症状としては食欲がなくなる。水をよく飲んでは吐く。おしっこの量が増える。熱がでる。膿が出る。悪化すれば嘔吐したり、元気がなくなったり下痢をしたり、お腹が膨らんできます。
膿が出てくる犬もいます。子宮が破裂することも。子宮が破裂したことによって菌が広がり腹膜炎を起こしたりします。その場合は卵巣と子宮の摘出手術をする。放置しておくと、子宮内膜炎から子宮蓄膿症になり、大腸菌などが出す毒素が体中にまわり腎炎、肺水腫、腎不全などで一命を落とす場合もあります。
この病気を防ぐには早期の避妊手術。避妊手術をすれば子宮の病気になることはありません。なった場合は抗生剤や注射という治療がありますが再発する場合もあります。子宮と卵巣の摘出手術が一番望ましいのです。
私の愛犬が子宮蓄膿症だったかもしれません。愛犬は6月に帝王切開にて出産しました。帝王切開する当日の朝は、いつもどおり出かけて帰ってきたら何回も嘔吐したあとがあり、元気がないのです。出産か?と思って病院に電話。出産ではないだろうといわれましたが心配なので帝王切開してもらいました。そしたら中で子宮が破裂していました。帝王切開する前に超音波でみたときはそんな感じはありませんでした。でも症状が似ています。
おりものみたいなのがでていて、嘔吐し、元気がありませんでした。子宮が破裂したことによって4頭いた赤ちゃんのうち1頭が子宮の外に放り出され弱っていました。死産しました。もっと早く気づいていればと後悔ばかりしました。
だから、似たような症状があれば早急に病院へ。私の愛犬はなんとか一命を取り留めましたよ。